jj81の日記

勉強・読書記録と雑記帳です。

ゴミを捨てる体力


  この数日、引越をするのではないかと思われるぐらい家の中を整理して、不要品と判断した物を捨てています。引越はしませんが、とある事情により家の中を整理してます。別に悪い事が起こったわけではないです。

 

 今の家に引っ越してきて10年。10年前も同じような感じで物を移動させたり、不要品を処分したりしていたはずですが、この土日でぐったりしました。

 

 実感したのは、確実に10年前より体力が落ちているなあということ。

 

 最初はどんどん調子に乗って勢いよく不要品をゴミ袋に入れて、移動させて・・としていたのですが、3日目くらいから体があまり動かず・・。動きたいけどちょっとだるい感覚になってきました。いやまだまだ捨てたい物はあるのですが。

 

 そして気がつきました。ゴミを捨てるのにも体力が要るということ。10年前はもっとサクサクと動けていたはずなのに、10年経つと普段の状態でも体に少しずつ衰えを感じてきます。

 

 例えば10年前は手首の痛みなんて感じませんでしたが、最近は時々調子が悪いなあと感じたり。昨日からは、今まで40年以上生きてきて初めて太ももの裏側の筋肉痛になりました。こんな所、筋肉痛になったことないです。笑

 

 歳を取ると自分の体力と相談しながらでないとゴミすてもしんどくなるんだということを今回学んでいます。本以外は特別に溜め込む人間ではないと思っていましたが、それでも物が家の中にはたくさんあるんだと悟りました。本ですら時々は処分してます。

 

 ゴミを捨てるにも体力が必要。であれば、なるべくゴミを溜め込まない、何年も使っていない物は思い切って捨てる決断力も大事です。

 

 家族は物を溜め込む人たちなので、これらを説得するのも大変ですが、今回の不要品処理で少しは思うところがあったようです。今後はもう少しゴミ処理が早くできるようになるといいと思います。