jj81の日記

勉強・読書記録と雑記帳です。

建設業経理士1級で使用した教材


 第25回建設業経理士1級を初受験して、無事に3科目全て合格できたので、使用した教材を書いておきます。

 

 主に使用したのは以下のものです。

 

建設業経理士 1級原価計算 出題パターンと解き方 過去問題集&テキスト  19年3月、19年9月試験用

建設業経理士 1級原価計算 出題パターンと解き方 過去問題集&テキスト 19年3月、19年9月試験用

 

 

 

建設業経理士 1級財務諸表 出題パターンと解き方 過去問題集&テキスト  19年3月、19年9月試験用

建設業経理士 1級財務諸表 出題パターンと解き方 過去問題集&テキスト 19年3月、19年9月試験用

 

 

 

建設業経理士 1級財務分析 出題パターンと解き方 過去問題集&テキスト  19年3月、19年9月試験用

建設業経理士 1級財務分析 出題パターンと解き方 過去問題集&テキスト 19年3月、19年9月試験用

 

  上記以外にも多少参考程度に使用した物もありますが、ほぼこれだけと言っていいと思います。

 

 実は最初にTACの過去問も購入したのですが、最新のものを購入したにもかかわらず、最近の数回分の過去問が掲載されていなくて、やむなくネットスクール社のものを買い直しました。

 

 こちらは最新の過去問が網羅されていて、何度も解きました。どの科目もですが、苦手な問題は最高で7回解いた問題もあります。過去問も豊富に掲載されているので、過去問重視の勉強方法をとる私にはぴったりでした。

 

 どうしてもわかりにくい言葉や問題は、ネットで検索しました。今の世の中は本当に便利だと感じます。検索すればネットに丁寧に解説されているサイトがたくさんみつかります。ある意味、今回の受験での最強ツールはネットだったかもしれません。

 

 田舎の片隅でおばさんが一人勉強していても、リアルタイムに最新の会計情報や適切な用語の説明が入手できる・・ネットのメリットを最大に享受しているのは、案外私のような田舎暮らしの人間なのかもしれません。

 

 教材の説明に戻りますが、やや変形版の大きさなので、人によっては苦手に感じる方もいらっしゃるようです。私は老眼が進んでいるので、大きめの文字に助けられましたが。笑

 

 論述問題に関しては、こちらのテキストでカバーすることはできないと思います。少なくとも今回受験した問題は、ほとんど掲載されていないものでした。でも計算問題については、過去問が確実に解くことができるようになればある程度得点できるようになります。

 

 そして計算問題については、例題レベルでいいので、まだ出ていない論点が解けるようにしておくことも大切だと思います。また、既に出題されている論点については、もう一歩進んだレベルの問題も解くことができるようになっていると楽になると思います。

 

 具体的にいうと、今回財務諸表第4問ではJVの仕訳問題が出題されました。5つの仕訳が問われていますが、4つめまでは既出の問題形式です。5つ目の仕訳は出題されていませんでしたが、私は上記のテキストで例題で5つめまでの仕訳も解答できる状態にしておきました。

 

 こんなレベルの感覚でいいので、今までの過去問よりも少しずつ理解を深めていっておけば、本番も慌てることはないのではと思います。

 

 また、今回財務諸表第3問は第16回の過去問とほぼ同じものが出題されました。8個の文章の正誤判定問題ですが、うち6個は全く同じ文章、残りの2個が少しだけ文章が変更されているというものでした。このようなこともあるので、やはり過去問は必ず完答できるようにしおくべきだと私は思います。

 

 上記のテキストでもいいし、他のテキストでもいいので一つのものを完璧に仕上げるのがやはり検定試験の王道なのかなと改めて思いました。