jj81の日記

勉強・読書記録と雑記帳です。

耳で学習(知識を習得)を効率化する


 学習というか知識を習得すると言った方が良いかもしれませんが、最近気になる著名人の方々のYouTube動画を聞いています。Daigoさんとかイケダハヤトさんとか・・それ以外に英単語帳の動画とか。

 

 建設業経理士試験までどうしても試験勉強がメインになってしまって、読書は残りの時間にほんの少しするだけという生活を最近しているので、特に強く思うのかもしれません。

 

 Daigoさんやイケダハヤトさんなどは特に耳だけの情報で十分なんですよね。ほぼ100%図を使ったりしていないので、本当に耳だけあいていれば情報がどんどん入ってきます。

 

 自分の子供時代は情報源がテレビで、10年くらい前からテレビはほとんど見なくなって、その代わりにネットを見続けてきました。ここがポイントなのですが、あくまで見続けてきたということ。

 

 どうしてもネットでも文字を読んだり、動画を見たりという眼からの情報が圧倒的に多かったわけです。

 

 でも2,3ヶ月前から耳で聞くことに重きを置いたら、それはそれで使える時間が増えてきたような気がするのです。でも耳から情報を得られているので、ネットの画面を見なくてもストレスも溜まらない・・。

 

 この数日で思うことが、本を読むことで得られる知識も良いのですが、得られる知識が同じなら別に動画で情報を得てもよいのではということです。

 

 同じAという知識を得るのに本を読む方が素晴らしいことで、音声だけで説明している動画を聞くことで得られる知識の方がレベルが低いということはないと思うのです。要は、Aという知識が自分の中に入ってきているかどうかが大事なわけで。

 

 私は基本的に本を読むことは大好きな人間です。活字を追うことが好きです。でも24時間全てを自分の自由に使うことはできないので、いかに効率よく知識を得ることを考えます。

 

 以前は1ヶ月で何冊読めたか、と気になったりもしていましたが、読書の冊数が減ってもそれはそれで気にしなくてもいいのかなという考えが出てきました。

 

 実用書的なものは耳から情報を仕入れて、逆に小説等の方を読書するというのもいいのかもしれないと思います。まあ小説は映画化されたりもしますけどね。

 

 色んな形で学習(知識を習得)することを効率化していけたら、それがベストと考えます。