jj81の日記

勉強・読書記録と雑記帳です。

老眼鏡を以前の物に戻しました。

 老眼鏡(遠近両用眼鏡)をかけ始めて5年目ぐらいになると思います。

 

 元々近視用の眼鏡を高校生の頃からかけていたので、眼鏡生活は30年くらいにはなります。

 

 初めて遠近両用の眼鏡に変えた時から3年くらい経ち、昨年の梅雨頃に眼の周りや眼の奥が少し痛いなあと思って眼科を受診。老眼が進んでいるためか、その時の眼鏡では1.2が見えていて、見えすぎですと指摘されました。見えすぎると近くを見るときに眼の周りの筋肉が緊張してしまい、それが原因で眼の痛みを引き起こすそうです。そこでまた遠近両用のレンズを換えることになったのです。

 

 老眼が進んだということは、近視用の度数を下げて、手許用(老眼用)の度数を上げるということだそうで・・。

 

 昨年の8月頃から老眼が一歩進んだ眼鏡をかけていたのですが、何とも遠くが見え辛くなってしまいました。眼の痛みは確かになくなったのですが、車の運転も自信がないんだけど・・って感じでした。でも眼鏡屋さんで計測すると1.0はこれで見えていますと言われ・・。

 

 車の運転はもう少しシャキッと見えたいので、安いレンズで元々持っていたフレームに近視用だけのレンズ(上記のものより1度度がきついもの)を入れて、運転するようにしました。

 

 運転に関してはそれで解決したのですが、日常生活では何となく少しの不便さを感じる毎日。3メートル先のものが見えていたのが、2メートル先ぐらいまでしか見えないって感覚でしょうか。

 

 そこでまた眼が痛くなってもいいやと思い、結局5年前に購入したレンズをかけて数日生活してみました。(予備のフレームに入れておいたのです)

 

 結果、眼の痛みも起きることなく快適に過ごせます。ひょっとして眼が良くなった?かもしれません。笑

 

 と言うのも、最近お風呂で浴槽につかっているときに、必ず眼の周りをマッサージするようにしています。あと浴槽のお湯をすくって眼に当てて軽く眼を温めることもしています。

 

 それとこちらの本も活用しています。

 

 

 

 ほぼ毎日こちらの本を数分眺めています。眼を温めるというのもこちらの本に書かれてあることで実行しています。

 

 目が良くなったのかどうかははっきり言ってわかりませんが、一つ前の眼鏡に戻しても疲れなくなったのは良いことかなと勝手に思っています。

 

 ともかく遠くもよく見えるようになったので、快適になりました。運転用の眼鏡が要らなくなっちゃいましたけど、まあよしとしましょう。