jj81の日記

勉強・読書記録と雑記帳です。

ブックオフオンラインで本を売ってみました。


 先日初めてブックオフオンラインで本を売ってみました。

 

 今までは店舗に自分で持ち込んで売っていました。半年に一回ぐらい無性に「もう本売ってやる〜」モードにスイッチが入ります。購入するモードは月に2回ぐらいやってきますが。笑

 

 基本的に本を売ることには抵抗がある方です。でも最近だいぶ抵抗感が減ってきたように思います。こんまりさんではありませんが、ときめきというか何となくもう手放してもいいかな〜と思うことも多くなりました。もちろんずーっと捨てられずにいる本もたくさんたくさんあります。笑

 

 今までは車を自分で運転して、重い本を店頭に持って行って・・という流れでしたが、あまりにも査定額が低い(値段がつかない等)ことも多々あるので、何だかガソリン代がもったいないような気がして・・。まあそれ程遠い店舗ではありませんが。

 

 今回は結構重い本(辞書)を売ることに決めたので、余計運ぶのが面倒になっていました。(年を取ったから体力が落ちたんじゃ・・というつっこみはなしで。)

 

 そこで買い取り価格20%アップというメールがきたので、オンライン買い取りを申し込むことにしました。

 

 手順は、申込を済ませて(住所等の入力)梱包して、宅急便の人にお渡しするだけです。玄関先に置いておくと宅急便の人が持っていってくださるので、重たい段ボールを自分で運ぶ必要はありません。

 

 今回利用してみて思ったのが、「すごく便利」ということです。

 

 私の場合は、特に腕力には全く自信がないので、自分が重い物を持たなくていいというのは、ものすごく助かりました。店舗に持ち込むのだと少なくても自分の車の中までは運ばないといけません。一度にたくさん運べないので、何度も車と玄関を往復したりとか・・この労力を省略できるのはとても嬉しいです。

 

 また値段がつかない本は、店舗でもそのまま処分してくださいとは言ってましたが、わざわざ自分で運んで持ち込んで査定ゼロは結構凹んでました。でもオンラインだと値段がつかなくてもその凹みがありません。自分は重たいものを持っていないので。

 

 値段がつかない物については、自己負担で返送してもらうか、そのままブックオフで処分してもらうかを選択することができます。もちろん私は処分してもらう方を選択してます。

 

 オンライン買い取りでは最初だけ身分証明の必要があります。私は免許証のコピーを同封しましたが、スマホで免許証を撮影してそのまま送信することも可能なようです。

 

 宅急便の荷物の引き取り日時も1日のうちでいくつかの時間帯から選択できます。

 

 気になる買い取り価格は・・やはり安いです。そして値段がつかないのも多いです。笑

 

 でも私は体力を消耗しなくてすむので、近いうちにまた利用すると思います。

 

 以上、ブックオフオンラインで本を売ってみた経験談でした!