jj81の日記

勉強・読書記録と雑記帳です。

田舎暮らしのデメリット①

 私は所謂田舎に住んでいます。どれくらいの人口密度ぐらいから田舎という定義になるのかはしりませんが、人口の少ない地域に住んでいます。

 

 今洗濯物を取り入れようとして感じた不愉快な気分を「田舎暮らしあるある」の項目で書いてみようと思いPCの電源を入れました。

 

 我が家の周りはのどかな田園風景が広がっています。もちろん家が全くないという訳ではないですが、周囲の家は分散していて、片側の隣の家まで50メートル以上離れています。

 

 田畑が広がっている地域なので、農作物がよく栽培されています。するとそれぞれの収穫物が収穫された後、野焼きをする農家が多いのです。

 

 これが風の吹く方向で影響が全く違ってきて、数百メートル離れている地点でも野焼きをしていて、我が家が風下だと本当に臭いです・・。窓を閉め切ればいいのですが、閉めるタイミングが遅れると家中煙臭い・・。

 

 また野焼きをする日はよく晴れている日が多いので、当然洗濯物も外に干しているわけです。すると洗濯物にもすぐに強力なにおいがつきます。

 

 野焼きって、最初に見たときは「火事じゃないか?」って思うぐらいすごい煙の勢いがあるときがあります。本当に閉口してしまうのです。

 

 田舎の数少ない利点って「空気がきれい」というイメージがありますが、半分本当で半分は嘘だと実際に10年以上住んでいて思います。確かに空気がきれいな日もありますが、煙がもくもくと湧いてきて外出で玄関開けると空気が白いことも何回も経験しました。

 

 風向きによって被害をこうむるかどうか変わってきてしまうので、これこそ何とも運任せなのです。我が家が風上であればすぐ隣の畑でガンガン野焼きされても何ともないので。風下だと最悪ですが・・。

 

 今の時期はまだ冬なので、それほど回数は多くありませんが、稲刈りが終わった後1ヶ月くらいは、毎日のようにどこかで雨の日以外は野焼きをするので、被害の防ぎようがありません。

 

 何事にも一長一短はあるので、デメリットばかりではありませんが、田舎暮らしによくおこりがちなデメリットを書いてみました。こうやって書いてみるとブログネタも見つかっていきそうですね。