jj81の日記

勉強・読書記録と雑記帳です。

睡眠時間

 しばらくブログを書くことができずに、というか今も本当は書いている場合ではないのかもしれませんが、書きたくなったので少し書いてみます。

 

 3日ぐらい前から睡眠時間を7時間確保するようにしました。来週朝5時くらいに起きて県外へ行かなきゃいけない用事があって、そのために少しずつ起床時間を早くする練習を1週間ぐらい前から始めていたら、何となく7時間睡眠を実践しようという気になりまして・・。

 

 7時間睡眠は厳密に言うと、暗闇で横になっている時間ということです。今までは本当に眠くなってから電気消して横になっていたのですが、それ程眠くなくても自分で決めた時間になれば強制的に部屋の電気を落として、横になって目をつぶります。そして消灯時間から7時間後にスマホのアラームをセットします。

 

 こんな生活をしていたら、すこぶる膝の調子がよくなりました。今日は今現在17時過ぎですが、今日はここまで膝の痛みを感じていないような気がします。膝の不調回復には体を横に休めるというのがかなり効果的なのかも知れません。

 

 こうして実感してみると、体を横にして睡眠を取るのはやはり多い方がいいのかもしれないと思います。本当はショートスリーパーに憧れますが、私には7時間が丁度良い睡眠時間のような気がします。6時間半くらいでもいいのかもしれませんが、アラームが作動するまでは体を横たえています。

 

 何かの本に、体の不調(痛み)を取るには8時間睡眠が必要とも書かれていました。人によっては8時間取った方がいいかもしれないし、6時間で大丈夫な人もいると思います。個人差はあるけれどやはりある程度は睡眠時間を取った方が体には優しいのでしょう。

 

 それと脳も日中活動していると色んな老廃物が溜まってくるらしく、それを除去するのは睡眠しかないそうです。YouTube中野信子さんが言われてました。笑

 

 7時間睡眠してからは日中の眠気もほとんどないし、集中力も上がってきたように思います。24−7=17時間しか1日で活動できないと自分で計算し始めたら、これは今日するのはやめるとかそういった決断にかかる時間も短くなってきました。

 

 膝の調子は整体も多少は影響があるとは思いますが、1週間に1度30分くらいしてもらうだけなので、その効果が持続するには別の要素も加わっているはず。よく考えてみると何が最近変わったかというと、やはり睡眠時間。睡眠負債という言葉もちらほら聞きますが、睡眠負債は絶対ない方がいいでしょう。

 

 建設業経理士と英語の勉強にも良い影響がでてきたように思います。この調子で頑張ります。