jj81の日記

勉強・読書記録と雑記帳です。

建設業経理士1級受験に向けての計画

 明日に税法能力検定の結果発表を控えていますが、そろそろ資格試験の勉強計画も立てたいと思います。

 

 来年3月実施予定の建設業経理士1級を今のところ受験予定です。テキストはTACで揃えています。実は本当は9月実施の試験を受験したかったのですが、申し込みをしようとしたら既に申し込みは締め切られていて、泣く泣く受験できませんでした。

 

 この建設業経理士の試験は申し込み期限が非常に早く、来年3月実施予定のものも申込期限は今年の12月18日という・・。3ヶ月も前に申し込み期限が切られてしまいます。もし少しでも興味のある方は早めの受験申し込みを検討しないといけません。

 

 一応日商簿簿記1級を数年前に合格しているので、とりあえず1級コンプリートを目指します。なぜコンプリートかというと、この試験は1級は財務諸表・原価計算・財務分析という3科目構成でとなっています。科目合格制なので、1科目ごとに受験してもいいですし、一日で3科目受験することも可能です。

 

 評判では、原価計算日商簿記1級に比べると易しめ、財務諸表もやや易しめ、ただし財務分析は日商簿記1級の範囲外となっているので、コレに関しては一からの勉強となるようです。

 

 それと3科目とも記述問題があり、これも日商簿記には見られない傾向です。この辺が受験対策の肝となるかもしれません。

 

 まだ11月始まったばかりだし・・・と余裕に構えていると、いつの間にかあっという間に年末が来て、新しい年が始まり、そして3月になってしまうことは今までの日商簿記1級の勉強で身にしみているので、ざっくりとでも早めに着手しようと考えています。

 

 指折り数えると試験まであと120日ちょっとです。となると一ヶ月で1科目かな?うーん、4週間で1科目としておいた方が余裕があるような気がします。財務諸表がどこまで思い出せるかにもよりますね。

 

 とりあえず、どれかには早々に手をつけていくことにします。