jj81の日記

勉強・読書記録と雑記帳です。

税法能力検定試験勉強&受験記録④

 いよいよ受験当日。慌ただしく家族の朝ご飯を準備して、自分のお弁当も準備していざ試験会場へ。

 

 某専門学校が試験会場。午前中2科目、お昼を挟んで午後に1科目の受験。

 

 早めに試験会場へ到着して、1科目目の昨日あまり復習できなかった所得税法の過去問を見直そう・・・と思っていたら、何と午前9時からの1科目目は消費税法2級。試験開始20分前まで、1科目目は所得税法と思い込んでいたため、前日の所得税の復習はかなりざっとでした。大急ぎで所得税法の見直しをしました。

 

 試験問題は過去問がきちんと解ければ合格(100点満点中70点以上)できるもの。最初に解答用紙を見て特に変な問題もないと確認して解き始めました。だいたい40分ぐらいで一通り解き終え、それからは見直しを時間いっぱい使ってしました。

 

 50分の休憩後、2科目目の所得税法2級。こちらも特に意地悪な問題もなく、一応スムーズに解けたと思います。

 

 お昼休憩後、午後1時からいよいよ法人税法2級。一応一通り解き終えた時には既に試験終了10分前。法人税法2級は何せ書くことが一番多いです。問題用紙に書かれているとおりに所定の欄に書き写せば得点できるところもありますが、本当にたくさん字を書きました。

 

 何とか3科目受験を無事に終えました。結果は11月3日ということです。全経のHPに解答が期間限定で公表されているので見てみましたが、法人税法2級は普段は間違えることのない交際費の損金不算入の計算で数字の拾い間違いをしてしまった模様。やはり試験は受験してみないとわからないなあと思います。

 

 この試験は解答用紙だけでなく、問題用紙も全て回収されてしまいます。私の場合、解答用紙を埋めるのにかなり時間がかかったため、あまり自分の解答を覚えていません。笑 結果は発表を見てのお楽しみということになります。

 

 最後に、実務とは違う部分もありそうですが、私のように税法の知識が全くない人間がそれぞれの税法の所定の様式記入に慣れるのには意外と良い試験だと感じました。知名度が低いためか、受験者数はものすごく少ないです。でも今回この試験を通じてそれぞれの税法の基本用語なんかも覚えられたので勉強して良かったなと思います。