jj81の日記

勉強・読書記録と雑記帳です。

更年期に入ってきてます。

 先日、産婦人科にて毎年受けている子宮ガン検診を受けてきました。ついでに希望があれば血液検査して更年期に入っているかどうかもわかりますよ、と言われたので、じゃあそちらもお願いしますと言うことで検査してもらいました。

 

 昨年も同じように血液検査をしてもらってましたが、数値上は更年期の症状はなしということでしたが、今年は「更年期に入ってきている状態」と指摘されました。

 

 まあ、ホットフラッシュなどの自覚症状は今年に入ってからもあったし、月のものも不定期だし・・覚悟はできていました。笑

 

 更年期障害って人によって本当に千差万別みたいで、全く何も症状がなく閉経になる人から重症の人もいるようで・・。私はどれくらいのレベルなんでしょうかねと自問して見たりもします。

 

 全く無症状でもないので、ホルモン治療の選択肢もありますよということは言われましたが、今のところは何もしてません。ちなみに感じる症状としては、ホットフラッシュ、手指の痛み、頭痛が以前よりも多い・・ぐらいかな。月のものが不定期というのは全員に言えることだと思うので、これは除いてますが。

 

 上記の症状が全て更年期障害によるものかどうかはわかりません。もしホルモン治療をして全て解決するなら更年期障害ということにもなりますが、ただの老化現象なら放置してもいいのかと考えたり。

 

 あ、でも更年期障害そのものが老化現象ですね。老化現象は仕方がないとしても、できるだけ苦痛なく過ごしていきたいものです。

不用品処理は腰痛との闘い

 今日もブックオフで売ってきました。仕事をお休みせざるを得ない状況になり、かといってうろうろ遊びに行くわけにもいきません。当たり前ですが。

 

 では家でまた不用品処理でもしようかと思い、ガサガサとしているうちに、やはり本の処分が手っ取り早いので古本処分を決行。

 

 正直なところ、一目で処分と瞬殺できる可燃ゴミは自分の物ではなくなってきてしまっているので、どうしても本に目がいきがちです。幸いなことにあまり台風の影響もないなあと感じたので、子供にも手伝ってもらいながらブックオフに行きました。

 

 最近、不用品処理で自分の体力以上の物を短時間でも動かしているせいか、腰痛を少し感じる時もあります。ひどくなってはいけないので、まだ動けるけど・・ぐらいの感じで一日の作業量を見極めています。体調崩してしまっては元も子もないので。

 

 不用品と言うのは結構重量があるものです。購入する時はテンションも上がって嬉しくて購入するのだから、本当に重たいものでもあまり重量を感じないのかもしれませんが、一度不用品と見なしてしまえば、お荷物となってしまいます。重いものの持ち運びに慣れていない身としては、まさに腰痛との闘いとなってます。

 

 不用品処理をしていると色んなことに気づかされます。まさか自分の体力・筋力の低下がこれほどまでとは・・と今更ながら気づかされます。別にまだまだ若いなんて思ってもいませんでしたが、これほど体力が落ちているとも思っていませんでした。

 

 でもこうやって人って年を取っていくのかも・・なんて達観した心境にも少し浸れたりもしてます。当分腰痛に気をつけながら断捨離していきます。

結局テキストを購入

 スタディサプリ Englishのテキストを購入してしまいました。リスニングパートだけなら紙ベースのテキストは必要ないと思ったのですが、やはりリーディングパート(特にパート7)になるとパソコンやスマホ画面ではしんどくなってきます。

 

 日本語を読むようにすらすらと読めるのであればパソコンだけでいいのですが、英語の長文になるとすぐに目が疲れてきます・・。とっても年齢を感じる瞬間です。笑

 

 テキストもいくつかあるので、どれを購入しようか迷いましたが、パーフェクト講義のテキストは是非購入したいと思ったので、それと実践問題集2冊がセットになってお得なテキストセットを購入しました。よくわかっていませんが、お得になるセットの内容は時期によって異なるようです。

 

 やはり紙の方が目には優しいです。画面を拡大することも考えますが、やはり画面を見る時間を減らす方が目には優しいと思います。

 

 少しはやる気にならないと。笑

 

トラックパッドに挑戦中

 いきなりですが、昨日ノートパソコンを買いました。Macです。

 

 我が家は家族がMac歴25年以上で、その影響でMacのノートパソコンをここ1年ぐらい使っていました。数年前に富士通のWindowsのパソコンを購入したのですが、1年ぐらい使っていたら、更新をどんどん要求されて、指示通り更新していったらどんどん重たくなってしまいました。

 

 あまりにも時間がかかるので、この1年くらいは家族の古いMacのパソコンを使用してました。まあ、たまに子供関係の役員の仕事で使ったりとか、ネットをしたりぐらいですが。

 

 家族も富士通のパソコンを使い勝手良くしようと試みたのですが、どうにもならないみたいで。詳しいことはわかりませんが、どうやらハードディスクの使用量が常時100パーセントになってしまうみたいです・・。

 

 で、結局型落ちのMacのパソコンを購入しました。私が家で使うのならこれぐらいで上等です。95000円ぐらいでした。ただし当然ワードやエクセルはまだインストールされてません。これはそのうち家族が購入してインストールしてくれるらしいです。まあ、当面古いMacのパソコン使ってもいいですしね。

 

 新しいパソコンの感想は・・軽いです。薄いです。薄型になるとこれほどいい意味で存在感が薄れるのだなあと家の机に置いてみて実感しました。でもCDとかは読み込めなくなりましたけどね。

 

 せっかく軽量化したから、思い切って今日からマウスも外してみました。笑 ミニマリスト願望がある身としては、少しでも物を減らせればと思いまして。

 

 朝使ってみた時は、慣れないので手首が痛くなりかけましたが、段々慣れてきました。マウスなしで操作できるようになれば、パソコンのコードも1本少ないですしね。

 

 マウスがなければ当然トラックパッドを使用しなければいけません。よく考えれば両手のどちらでも使えるので、これはいいかもと密かに思っています。

 

 今気がつきましたが、MacBook Airって言うんですね。頑張ってトラックパッドを使いこなせるように頑張ります。

自分の物だけ置きたい。

 自分の部屋が持てるようになってから2週間。自分の部屋には自分の物しか置きたくないのですが、白い二人がけのソファ(自分のものではない)がデンと部屋の中央に陣取っています。

 

 家族の部屋に入れる予定なのに、その家族の部屋が散らかっていてソファの置き場所がないという主張により、やむなく私の部屋に鎮座してます。

 

 本当はこのソファをのけて、別の部屋にある自分の机と椅子を持ってきたいのですが、ソファのせいでその移動ができません。いい加減ソファをのけたくて、いつまで私の部屋に置いておくのかと問いただしたところ、期間はわからないとの回答。

 

 問い詰めると「じゃあ、明日机と椅子を私の部屋に入れれば」と言われました。ソファがあっても搬入できますが、それではものすごく窮屈な部屋になってしまうのでそれは嫌なのです。

 

 家族の物は勝手に捨ててはいけないと思うので、自分の物をせっせと捨てたり、売ったり、譲ったりしてます。一緒に片付けると言っても、また今度自分ですると言われ・・。

 

 家族の部屋が散らかっていても文句は言いませんが、いつまでも私の部屋に仮置きするのはやめてほしいのです。自分の部屋には自分の物しか置きたくないのです。

 

 期限が決まっているのなら我慢もしますが、その期限も決められない。それなのに休みの日は遊びに行って、全く片付けが進んでいない。そのせいで私の部屋に私の物ではない物が置かれている。この状況を何とかしたいです。

 

 家族が散らかしたり、溜め込んだりする人がいても綺麗な家をキープしている方はどんな風に家族を説得しているのか。その秘訣を聞きたいです。

服よりも本の方が高く売れます。

 ゴミ捨て(不要品処理)関連で気がついたこと。

 

 最近全部ではありませんが、不要と見なした洋服と本をブックオフやオフハウスに売りに行っています。全部ではないと書いたのは、持って行く時間がなく、可燃ゴミとして捨ててしまった洋服もあるためです。

 

 洋服はそこそこ良い洋服です。ブランドものもありました。でも20年近く前のものだったりしますが・・。

 

 購入したときの金額だと圧倒的に洋服の方が高いのに、先日持ち込んだ洋服と本は、本の方が買い取り価格が良かったです。

 

 洋服なんて、ホント売れないんだと実感。購入したとき(といっても独身の頃に親に買ってもらった)は何万円としたものが、数十円という・・。これがいくらで売られるのかわかりませんが、それでもせいぜい数千円、ひょっとしたら千円切るかも。

 

 そんなにお金がかかった洋服なら取っておけばと言われそうですが、それも考えましたが、結局体型が合わない服はもはや着ることはないと思われます。若い頃より今の方が糖質制限して痩せてしまったので・・。

 

 また太る可能性ももちろんありますが、今の食生活だと太ることはないという確信もこの1年でできたので、太ることを心配して持っておく必要はないと考えました。むしろ最近は12時間断食で僅かながら体重が減少傾向・・。

 

 それにもし太ったとしてもその時はまた手頃な値段のジャストサイズのものを購入すると思います。どうしてもその時のスタイルというか、ファッションというかそういったものが太ったなりにも欲しくなると思うので。

 

 しかし、結構な金額差が洋服と本でつきました。本も決して高い金額で売れたわけではありませんが、あの洋服の評価額には唖然としました。でも売りましたけどね。

 

 洋服にお金をかけるのはあんまりコストパフォーマンスが良くないのかもしれませんね。

捨てたいときに捨てられない。

 何だかここ数記事ゴミすてのことばかり書いているような気がしますが、今回もゴミ捨てについて思うことを。

 

 可燃ゴミについては、まあ週2回回収してくれるのでよしとします。が、問題は可燃ゴミで出せないゴミです。その中でも特にやっかいなのが、粗大ゴミと埋め立てゴミ。

 

 粗大ゴミは、そんなに何回も回収できないよね・・というのは何となく理解できますが、埋め立てゴミはもう少し回収回数を多くしてほしいと思います。自治体によっても違うのかもしれませんが。

 

 ここでいう埋め立てゴミとは、陶器類や固いプラスチック製のものです。バケツとかですね。このプラスチック製の物が意外と多いのです。子供のおもちゃとか。うちの自治体ではボールペンやCDとかもこの分類です。

 

 おもちゃだけでなく、プラスチック製の物でそこそこ場所を取るものもあります。早く捨てたいのに、月1回の回収日まで我慢です。週1回とかにしてもらいたいです。

 

 そして粗大ゴミは2ヶ月に1回。一度に5個までしか出せません。回収しにきてくれるのは助かるのですが、こちらもせめて月1回とかにしてもらえたらありがたいと思います。

 

 大都市では自分で持ち込むことが可能な場合もあるようですが、うちの田舎はだめみたいですね・・。

 

 ゴミ捨てなんて簡単と思っていたら大間違いなんだとつくづく感じています。分別も厳しくなる一方で、捨てたいときにタイムリーになかなか捨てられないようになってきていると思います。

 

 私が小学生だった頃なんて、燃えるゴミと燃えないゴミの区別しかなかったのに・・。まあ今まで掃除をさぼっていたつけを払わされていると思って地道に片付けていきます。